お絵描きツール

パソコン不要。iPhoneだけあれば使えるペンタブ発売!

ペンタブで絵を描いてみたいけど、パソコンない!

パソコン買うお金もないし、スマホで描けたらいいのに…

ペンタブというのは元々、パソコンがないと使えないものです。

パソコンがない人は、間違えてパソコンでしか使えないペンタブを買わないよう注意が必要。

Android対応のペンタブというのはすでにいくつか発売していましたが、iPhone対応のペンタブはなかったんです。↓

AmazonでAndroid対応のペンタブを探す

しかし最近、ついに発売しました

パソコン不要、iPhoneで使えるペンタブ!!

「Deco Pro SW」

公式サイトだと10%オフです。

Amazonでも期間により10%オフクーポンが使える時があります。価格の下あたりのクーポンのチェック欄が表示されていたらチャンス。↓

この記事を読めば、この初のiPhoneで使えるペンタブ「Deco Pro SW」のデメリットや、どんな方が買えば得するかがわかります。

※Androidでも使えますが、Androidで使えるペンタブなら他にも選択肢があるため、今回はiPhoneユーザーに向けて書きます。

iPhoneだけあれば使えるペンタブのデメリット

パソコン不要で、iPhoneだけあれば使えるペンタブ「Deco Pro SW」

これを買う前に絶対抑えておきたいデメリットは下記の3つ。

  • iPhoneで使えるソフトはibisPaintのみ
  • iPhoneの画面は小さく描きにくい
  • 「時間が経つとペンが触れていないのに反応する」という口コミあり?

iPhoneで使えるソフトはibisPaintのみ

このペンタブを使えるソフトは、iPhoneではibisPaintのみ。

どうしても他のソフトじゃないと、という人もいると思うので、買う前に絶対知っておくべきかと。

ただibisPaintは無料で使える上に、仕事でも使えるほど十分な機能があります。ユーザー数も多い有名ソフトです。

ibisPaintをダウンロードするには、app storeで検索すればすぐ出てきます。

iPhoneの画面は小さく描きにくい

iPhoneはペンタブの大きさに対し画面が小さく、描きにくいです。

ただ、それはパソコンで描くのに比べたらの話。

指やスタイラスペンに比べれば、ペンタブのほうが何倍も描きやすくなります。

なぜなら筆圧を細やかに感知してくれるので、圧倒的に紙に近い感覚になるからです。

そして指と違い、描いている指で画面が隠れません。

頑張って描きにくい方法で描いてた時間がいかに無駄だったか気づけるだけでも、買う価値があります。

↓のように、実際に描いてみている人の動画を見ているととても描きやすそうですね。

Bluetoothで接続できるので、iPhoneの充電中も繋げていられていいですね。

「時間が経つとペンが触れていないのに反応する」という口コミあり?

Amazonのレビューを見ていて気になったのが、「iPhoneで使う場合時間が経つとペンが触れていないのに反応することがある」というもの。悪いレビューだから目立っているだけかもしれませんが、最悪そういうこともあるかも、と思って買えば後悔がないかと。

接続し直すと直るとも書いてあったので、使いものにならないということではなさそうです。

iPhoneだけあれば使えるペンタブを勧めたい人

この商品を勧められる人は、iPhoneユーザーで下記に当てはまる人。

  • 予算1〜2万円、パソコンはないがデジタルで描いてみたい
  • 外出先でもお絵描きしたい
  • 指やスタイラスペンでお絵描きしている

パソコンのない人は、パソコンとペンタブを合わせると安くても予算5〜6万は必要です。

このタブレットを買えば、スマホがあれば1万3000円でどこでもデジタルのお絵描きが可能になります。

ただし、パソコンの方が描きやすいのは事実。(パソコンが買えた時は、パソコンでもこのペンタブを使うことができます。)

そして板タブの描きにくさを知るわたしとしては、やはり液タブの描きやすさにはかないません。

もう少し予算がある人や、今後もお絵描きライフを充実させたい人は、ハイスペックのパソコンと液タブを選んでおけば間違いありません。

参考記事:

【失敗しない】イラストレーターのパソコンスペックの選び方

【液タブ】Wacom Oneの評判は?Cintiqを7年愛用する絵描きが徹底比較

iPhoneだけあれば使えるペンタブ、どっちの大きさを買うべき?

このiPhoneで使えるペンタブには、SサイズとMサイズがあります。

iPhoneで使うのが主の予定の方は、迷わず小さい方(Deco Pro SW)がいいです。なぜなら画面とペンタブのサイズが違いすぎると、手の動きとのズレが大きくなり描きにくさが増します。しかも小さいほうが安くてコンパクト。大きいのを選ぶ理由がありません。

主にパソコンで使うつもりなら、大きい方が描きやすいですが…ここで注意。ここまでくると、あまり変わらない値段で液タブが買えます。(iPhone使用は不可。2021年11月、現時点でiPhoneで使える液タブは無し)

↓それがこちら。

またはこちらから≫ 【XP-PEN】 公式ストア

パソコンがあるなら、iPhoneでの使用を諦めてでも液タブにする価値は大。特に初心者にとってペンタブというのは想像より描きにくいものですが、わたしは液タブにしてからその悩みが消えました。

参考記事:初心者ほど液タブがいい理由とおすすめの液タブ

まとめ:iPhoneだけあれば使えるペンタブはデメリットもあるが、予算1〜2万円の人はあり。

以上、まとめるとiPhoneだけあれば使えるペンタブ「Deco Pro SW」はデメリットもありますが、予算1〜2万円でデジタルのお絵描きを始めたい人にはありですね。

公式サイトはこちら↓

【実体験です】最速で絵が上手くなる方法【独学でOK】