モチベーションアップ

絵の上達にはどのくらいの期間がかかる?【実体験】

  • これから絵を始めたいけど、思ったような絵が描けるようになるまでどのくらいかかるんだろう?
  • 絵を始めて1年以上経つのにド底辺でつらい…これって遅い?
  • よくSNSで見るデジタルでフルカラーの絵って、すぐ描けるようになるの?

そんな疑問に答えます。

この記事を書くわたしは、独学で萌え絵を学び、pixivに投稿して、8年たってフォロワー4万人になりました。

絵が上達するまでどのくらい期間がかかるのかは、人によって違うし、同じ1年でも何をしてきたかで天と地ほど差が出ます。なのでここでは、わたしの場合どうだったか実体験からわかることを書くので、目安にしてください。

結論から言うと、

『全くの初心者が絵らしい絵をフルカラーで完成させるだけなら、早ければ1日。仕事がもらえるレベルまで1年。2~3年あれば安定し、思ったような絵は大体は描ける

というのが、わたしの実体験から言えることです。

絵を始めて1年以上経つのにpixivフォロワー100人程度のド底辺だったりする人は、わたしがやった最速で絵が上手くなる方法の記事を参考にどうぞ。

絵の上達にどのくらいかかる?前提条件:デジタルで描くこと

この記事では、前提条件として「デジタルで描くこと」としています。

なぜなら、デジタルの方がアナログで描くより何倍も簡単で効率がいいからです。

  • 消したい部分だけ消すのも、1つ前にやり直すのも簡単
  • 描いたあとで配置や大きさ、色を調整するのも簡単
  • 加工でプロっぽく魅せるのも簡単

上記のような、デジタルにしかない強みを駆使すれば、初心者だろうとそれなりのカラーイラストが短時間で描けます。

アナログだと失敗したら直すのが大変すぎ。例えば色まで塗ったあとで「顔が大きすぎた!」と気づいても、一から描き直さなければいけません。それに対しデジタルであれば、小さくしたいところを選択して縮小し、ズレた部分だけ描き直して終わり。

こういう細かな調整を短時間でできるだけで、絵の完成度が飛躍的に上がります。

プロのメイキング動画を見ればわかりますが、プロでさえもデジタルを駆使し何度も何度も微調整をして洗練された絵を完成させています。

初心者がアナログでプロレベルを目指すのは、ガチムチのボディビルダーになりたいのにジムに行かず家で自重トレーニングをしているようなものです。ガスも電気も使わずに焚火で料理人を目指すようなものです。

もちろんアナログにはアナログの良さがありますが、早く上達したい人がやるものではない、ということです。

特に色塗りをする時は「絶対に」デジタルで描いてください。

・デジタルで絵を描くならペンタブ必須。おすすめの液タブはこちら

絵の上達にどのくらいかかる?①:絵として形にするなら早ければ1日

パソコンとペンタブ、お絵描きソフトの用意がもうできた人なら、早ければもうその日のうちに絵を完成することも可能です。

もちろん、最初から上手く描けるわけではありませんが、ド下手でもとりあえず絵という形にはなるわけです。

絵を完成させるというのは上達において要となるので、この1日をさっさと通過してしまうと、同時期に絵を始めた人と大きく差をつけられます。

わたしが初めて完成させたのはプロの線画をトレースして色を塗ったもの(もちろん練習しただけで、公開していません)ですが、1日で出来上がりました。それだけでデジタル絵を描く基礎は大体わかり、自信もつき、次からは自分で考えた絵を描いていました。

絵の上達にどのくらいかかる?②:仕事がもらえるレベルまで1年

とりあえず絵が描ける、という状態から、ある程度見る人を楽しませられるレベルまでが長くて。

わたしの場合は1年経過後から劇的に上達を感じ、pixivフォロワーも100人未満だったのが急に伸び出し、確かな成長を実感できました。

初めて絵の仕事の依頼がきたのもそのくらいです。pixivでランキングに載ったら突然連絡がくるようになりました。

早い人は1年経たずそのレベルになれるはず。

その1年の間、ガツガツと努力していたのかというと、そうではありません。やっていたことはシンプル。描きたいものだけ描き、描きたくない時は描かない、ということです。

努力は嫌いなので、いかに努力せずに効率よく上達するか、そればかり考えた結果「描きたいものだけ描く」が最強ということに気づきました。

詳しくは当ブログの他記事で解説しています。

参考記事:

・【実体験です】最速で絵が上手くなる方法

絵の上達にどのくらいかかる?③:2〜3年で安定

わたしのpixivフォロワーが劇的に伸びたのが1年後とは言え、今から見れば画力はまだまだ低かったです。

安定してきたのは2~3年たってからですね。

その間は、神絵師に嫉妬してずっと追いかけていまして、それがさらに上達を加速させました。その人ばかり見ているうちに、嫉妬が消えた頃に気づけば上達していた感じです。詳しくはこちらの絵の上手い人に嫉妬してつらい人は、上手くなるチャンスだ!に書きました。

pixivのフォロワーは年間で5000人~10000人くらい増えていたと思います。

絵の上達にどのくらいかかる?④:一定のレベルを越えるとあまり変わらなくなる

絵を続けてきてわかったのは、ある程度のレベルを越えたら「上手い下手」ではなくなってくるということです。

上達するほど上手い下手はどうでもよくなり、いかに「自分はこれが描きたいんだ!!」というものが描けているか否か、が重要になってきます。

「これだ!」という最高の1枚が描けるかどうかは、未だに、狙ってできるものではありません。何かが下りてくるのをいつも待っています。

どこにでもありそうな絵、無難に上手い絵は、描こうと思えばいつでも描ける。仕事として成立するレベルで描ける。でも、消えないコレジャナイ感。

ただの上手い絵って、結局誰にも刺さらないし、描いている本人もつまらないんですよね。

昔よりずっと「技術的に」上手い絵は描けるはずなのに。

なので、あるレベルを越えたら上達は緩やかになり、年数が経てば経つほど上手くなるってわけではないです。

ただし、「これだ!」という1枚が浮かんで、鍛え抜いた画力で描きあげた時、それはもう言い表せない興奮。快感ホルモンドバドバな感覚を得ます。絵を始めるならぜひ、この境地に辿り着いて欲しい。

まとめ:絵の上達はレベルによって1日~3年はかかる

以上、実体験をもとに書くと、『全くの初心者が絵らしい絵をフルカラーで完成させるだけなら、早ければ1日。仕事がもらえるレベルまで1年。2~3年あれば安定し、思ったような絵は大体は描ける』と言えます。

わたしがやった効率的な上達法はこちら≫【実体験】最速で上達する方法【独学でOK】