お絵描きツール

絵描きがiPad ProとApple pencilを2年使った感想。液タブとの違いは?

液タブを買うのと、iPad Pro とApple pencilを買うのどっちがいいの?どっちかがあれば十分?


こんな疑問に答えていきます。


結論から言うと、「どちらかひとつなら液タブだけあれば十分。iPadはあると便利」です。

わたしは液タブを7年、iPad Proを2年使っています。

この記事を読めば、液タブやiPadがあなたに必要かどうか選べるようになりますよ。

液タブを買った理由

底辺時代に板タブから液タブに変えました。液タブを買った理由やレビューは↓の記事で書きました。

・初心者ほど液タブがいい理由とおすすめの液タブ

液タブの用途

✔︎液タブで描くもの

  • pixivに投稿する絵
  • 同人誌制作
  • 落書き
  • 練習

作品から落書きまでなんでも使っています。

液タブも持っているのにiPad Proを買った理由

パソコン(当時はデスクトップ)を置いている部屋に液タブを置いて描いてて、「疲れたから寝室で寝ながら描きたいな」という時が多かったんです。

パソコンごとの移動となると、億劫な時も…。

そんな時にApple Pencilの存在を知り、描き味がとてもいいと聞いてiPad Proとともに即買い。

iPad Proの用途

✔︎iPadで描くもの

  • 落書き
  • 練習

この2つがメイン。要は「作品」を描く時は絶対液タブにしてるんですね。

iPadは好きな場所で手軽に練習したり、絵の資料を表示するツールとして活躍しています。

即起動してお絵描きスタートできるところも魅力。

コードレスで軽いからソファに寝っ転がって描くもよし、外へスケッチブックとして持ち歩くもよし。

手軽さと持ち運びの良さが人気の理由ですね。

作品を描く時はiPadではなく液タブがいい理由

筆圧感知が液タブ>>>iPad

筆圧感知の精度は液タブとiPadで歴然の差があります。

液タブの方がずっと直感的で描きやすく、細かな作業が早くできて作品の質もあがります例えば以下のようなことがアナログ感覚で可能。

✔︎筆圧を利用して

  • 大きなサイズのペンで細い線を引く
  • 濃い色で薄い線を引く

iPadだとそれやるのキツイ。この差こそが、iPadがあっても液タブが絶対廃れないわけですね。

デモ機を置いている電気屋さんがあったら、弱い筆圧で試し描きしてみるといいですよ。

iPadのタッチパネルはメリットでありデメリット

iPadは指で触れても操作できるのに対し、液タブではペンにしか反応しません。

iPadはピンチアウト/ピンチインで画面を拡大/縮小できるのは便利ですが、ペン以外の描いている手が触れても勝手に反応するのが不便です。

iPadはペンを充電する必要がある

液タブはペンの充電が不要なので延々と描き続けることができます。

iPadに使うApple pencilは夢中で描いている最中に充電が切れてしまうことがあります。

ペンの充電はiPadに差し込むだけでできるのは便利ですが、その間絵が描けない。

iPadのお絵描きソフトより、パソコンのソフトの方がずっと描きやすい

個人的にPCのお絵描きソフトだとCLIP STUDIO PAINT PRO やSAIが使いやすいのですが、それに近いインターフェイスのアプリがiPadにはまだ見つからないです。

iPad版のクリスタは月額制で、買い切り版がないのが残念です。

まとめ:まずはペンタブ必須。iPadは補助ツールとして優秀

まとめると、まずはペンタブを持っていない方は絶対ペンタブを買いましょう。

板タブがあるけど描きにくいという人で、iPadか液タブか迷っているとしたら、液タブにすれば損することはまずないです。

・初心者ほど液タブがいい理由とおすすめの液タブ

お金の余裕があったらiPadも一緒に持っていれば、絵の練習場所が広がったり資料を表示するといった補助ツールとしても活躍し、より効率のいいお絵描きが実現。

iPadで移動中に下書きを描き、家で液タブで清書するということもできちゃいます。